エステ・コスメ★音楽 ~オススメ情報など色々なお話し♪~
スポンサードリンク
--年--月--日 (--)
ブログランキングに参加しています♪
応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



読んでくれてありがと~ぅ♪(^-^)/
 
2009年05月31日 (日)
ブログランキングに参加しています♪
応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
 

こんばんはっ♪ヾ(o゚ェ゚o)ノ♪

ちびにゃあです★


前回に続き、札幌中心部の皮膚科

緑の森皮ふ科クリニック
赤れんが皮フ科クリニック の比較。

フォトフェイシャルのお話しです。


両者はどちらも、フォトフェイシャルを行っていますが、
機器が違うというお話しをしました。


◆緑の森は「光のみ」の機器
『フォトフェイシャルIPL』
『エリプスフレックスI2PL』

◆赤れんがは「光と高周波」の機器 『elight』

赤れんがのほうが最新機器です。


「フォトフェイシャルIPL」は最も一般的な光線治療器。
(以下IPL。)

「エリプスフレックスI2PL」は、
IPLを進化させた第2世代の機器です。(以下I2PL)



フォトフェイシャルは、以前主流だったレーザー治療と違い、
広範囲に光を照射し、
シミ、ソバカス、赤ら顔、シワ、毛穴の開き、くすみなどに
いっぺんに作用させる総合美肌治療法です。

レーザーだと、一回の治療で済みますが、
フォトフェイシャルは3週間おきに5回の施術で1クールの
セット治療となります。


レーザー治療よりかなり安全性は高いとはいえ、
IPLは広範囲なため、効果を及ぼしたい標的に対し
必要な波長以外の波長も含んでいるため、
光の出力を上げすぎてしまうと、やけどを起こす可能性があります。


I2PLは、そういった危険は波長をカットしているため、
より安全性にすぐれ、第2世代と言われています。



次回へ続く~~~ !(*≧▽≦)ノ!
スポンサーサイト


読んでくれてありがと~ぅ♪(^-^)/
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。